可愛くなる方法 顔 中学生

中学生の女の子の顔が可愛くなる方法


ここでは顔が可愛くなる方法、
特に中学生の女の子が可愛くなるには?
ということを紹介していきます。

 

 

中学生は、思春期の時期です。
女の子は、自分の容姿が気になりだしますね。

 

普通は、外見の点から自分を変えたいという気持ちが強くなります。
外見から可愛くなりたいって思うわけです。

 

なので、自分の顔の特徴について、不満を持つ傾向が強くなります。
そして、ヘアスタイルやメイクに興味を持つ人が増えます。

 

 

でも、中学生の場合は、華美なヘアスタイルやメイクをしていることが
先生にばれると注意される可能性があります。

 

度重なると、生徒指導の対象になります。

 

また、先生から素行の点でよくない生徒という評価を受けることもあります。
生活態度について思わしくない評価を受けると、進学を希望する際には不利になります。

 

そこで、派手になりすぎない程度で簡単に誰でも顔が可愛くなる方法を紹介します。

 

ポイントは、髪型と眉毛と目です。
これらのパーツは、パッと見て目につきやすい部分です。


スポンサーリンク


まず、髪の毛が長い人は、結び目を左右どちらかの耳の下で結います。
それだけで、左右対称の2つ結びよりずっと顔がかわいく見えます。

 

結わえる際は、髪のほつれ感が大切です。
適度なほつれ感は、可愛さの中に隙がある印象を受けます。

 

なので、髪を結った後にわずかに毛束を引き出すようにします。
結わえるヘアアイテムは、ゴムではなくシュシュを使用します。

 

 

眉毛は、全体のラインからはみ出ている部分の毛を処理します。
その際は、眉毛の下の部分だけに手を加えます。
眉毛の上の部分の処理は、高度なテクニックが必要です。

 

なので、メイクアップに慣れていない中学生は下の部分のみの処理にとどめた方が無難です。

 

 

目元に関しては、まつ毛で顔の印象が変わります。
上向きのまつ毛は、目力をアップさせる効果があります。
よって、ビューラーでまつ毛の向きを上向きに整えます。

 

この記事を参考にしてぜひあなたの可愛くなってください。


スポンサーリンク