可愛くなる方法 顔 メイク

メイクで顔が可愛くなる方法を知る


メイクで顔が可愛くなる方法について紹介します。

 

10代、20代は、恋や勉強、仕事に一生懸命な時期です。
どれもおろそかにできませんね。

 

みんなと差をつけるために可愛くなる方法を
雑誌やインターネットなどで研究する人も多いようです。

 

すごい美人よりも、雰囲気美人がもてると言われていますが
やはりみんな顔がかわいくなりたいと願っています。

 

 

可愛くなるには、メイクの腕を上げるのが1番の近道です。

 

しかし、厚く塗ってごまかすようなメイクでは
男性は引いてしまいます。

 

可愛くなるためには
素肌に近いナチュラルメイクを心がけることが大切です。

 

ナチュラルメイクで大切なのは、やはりベースです。
ベースさえできていれば
すべてがうまくいくといっても過言ではありません。

 

くすみをカバーするカラーをセレクトすれば
肌を美しく見せることができます。
人それぞれ肌の色が違うので
自分の肌の色に最適なカラーを選ぶことが大切です。


スポンサーリンク


自分の肌にぴったりなベースを選んだら
次は「ファンデーション」です。

 

カラーの基本は、首の色と同じものを選ぶことです。
このカラーを選べば間違いありません。

 

ナチュラルに仕上げるには
粒子が細かいファンデーションを選びます。

 

しっかりつけるより、ササッとつけるくらいが良いそうです。
パウダーブラシで全体的に馴染ませれば、より自然に仕上がります。

 

「チーク」を入れるときは、手で馴染ませると良いそうです。
ブラシを使うとつきすぎてしまうこともありますが
手でぼかすと、肌から極端に浮くことはありません。

 

チークカラーは、ファッションに合わせるようにします。
服がグレーやネイビーなど落ち着いたカラーのときは
少しくすんだ色のチークを選びます。

 

白系やピンク系の服を着ているときは
明るいピンク系のチークを選ぶと良いです。


スポンサーリンク