一重でも可愛くなる方法

一重でも可愛くなる方法はコレ


私は一重だから…

 

二重のほうが絶対かわいい!

 

とあきらめている方も多いと思いのではないでしょうか?
そんな方に、一重でも可愛くなる方法をお教えします。

 

まず、二重が可愛いという固定概念を捨てましょう。
一重でも可愛い人はたくさんいますし
可愛い顔にもなれます。

 

1つめのポイントはアイラインの引き方です。

 

一重の方は普通に引いてもあまり目立たないので、長めに引きます。
目頭から目じりまで、実際の目の大きさの1.5倍くらいの長さを目安にしましょう。

 

アイラインの色については、くっきり見せたいならブラックがいいですが
あまり濃いブラックだとアイラインの印象しかなくなってしまうので
ブラウンがおすすめです。

 

ブラウンだと自然な感じに見えるので、無理している感がなくなります。

 

自分で削るえんぴつタイプよりも
繰り出しペンシルタイプのほうが書きやすいと思います。

 

リキッドタイプはまぶたに隠れてしまうので、あまりおすすめできません。


スポンサーリンク


次にアイシャドーですが、こちらはグラデーションがポイントになります。

 

まず、まぶた全体に明るめのシャドーを入れます。
暖色系過ぎると腫れぼったいイメージになるので
パール系の輝きのあるものが良いと思います。

 

次に、目の際の部分には濃い目の影色(グレイかブラウン)を入れます。

 

あまり濃すぎると切れ長に見えすぎてしまうので
下を向いた時に影になるくらいが調度良いと思います。

 

そして、影の部分の少し上に、アクセントとなるカラーを入れます。
こちらは好きな色で結構です。

 

最後に、目の下(涙袋)の部分です。
実は一重の方にとって、これが最も重要とも言えます。

 

先ほどの影色よりも少し薄めの同系色で
少し縦を意識して入れていくことが大切です。

 

これで、上まぶたは切れ長に、下はふっくらと見え
全体的に大きな目の印象を作ることができます。

 

 

一重はとても日本的で貴重なもの。

 

そのまま一重を活かして、一重でも可愛くなる方法を身につけましょう。


スポンサーリンク