好意がある 仕草

好意があるときにする仕草


好意があるときに出てくる仕草について解説していきます。

 

人間の心理とは、無意識のうちに行動にでてしまいます。

 

人に好意がある仕草とは…まず女性編から書いていきます。
これを知っておけば、あえてそうした仕草を取ることによって
男性へのアピール、気づいてもらうことにつながるからです。

 

女性が男性に好意があるときの仕草は一番わかりやすいので『ボディータッチ』です。
ボディータッチしてくるのは「貴方に触りたい」という意図の現れです。

 

それをばれないように或いはわざと気づいてほしいからを織り交ぜているんです。

 

次に女性が男性に喋るときに
『声が高くなる』のも好かれている証拠と言えます。

 

女性は無意識に良く思われたいとき声が高くなってしまいます。

 

最後に、『よく視線が合う』というのも好意があるから無意識にその人を見てしまうのでしょうね。
好きだからみてしまう、これは男性でもやる仕草なのでわかりやすいです。


スポンサーリンク


次に男性編を書いていきます。

 

女性も男性も同じ人間なので変わらない部分もありますが
やはりアプローチは多少違ってきます。

 

もし、男性が女性に『彼氏の有無』を聞いた場合
間違いなく好意があります。

 

興味のない相手には聞きません。
残念ながら、そういうことです。

 

次は、恋愛経験の豊富差によって違いますが
好意をもつ女性が近くにいると、照れてしまって『逆に黙ったり静かになってしまう人』もいます。

 

純粋だからこその仕草です。

 

最後に『自分自身の髪の毛をよく触る』です。

 

ナルシストと思われがちな行動ですが
相手によく思われたいがために髪の毛を整えているのです。
無意識の行動ですね。

 

あと、髪の毛を触る仕草は緊張の現れとも言います。
好きな女性と一緒にいると緊張してしまうのでほぐすために
髪の毛を触って落ち着こうとするのです。


スポンサーリンク