三度見 男性心理

三度見してしまう男性心理


ここでは三度見してしまう男性心理についてお伝えしたいと思います。

 

男性は女性に比べて視覚からの刺激に敏感に反応する傾向があります。
もちろん聴覚や触覚からの刺激に敏感な男も多いのですが
特定の女性に興味を持つようになるきっかけとして視覚からの刺激による影響が強い傾向にあるわけです。

 

そして興味を引く女性、好みの女性がいた場合
二度見三度見をしてしまうことはよくあります。

 

また、自分が興味を持つ対象を見る時間のほうが
興味を持たないものを見る時間よりも若干長くなります。

 

言い換えれば、男性は好みの女性を見つめてしまうわけです。
二度見三度見して、しかも見る時間が長いということは
自分好みの女性を思わず長い間見てしまうのが男性心理であるということです。

 

ましてや、3度見って感じですよね(^_^;)
たださすがに普通の人はそこまですると相手に怪しまれるので
しないかと思いますが。

 

10年に一度レベルの衝撃的な女性を見つけた時はそうなるのかもしれませんね。


スポンサーリンク


好きな女性を何度も長い時間見てしまうのが男性心理だとしても
男性がいつも単純にそのような行動をとるとは限りません。

 

男性が女性に対して恋愛感情を持ってしまった場合
逆に意識的に好きな女性をあまり見ないようにするようなこともあるからです。

 

なぜなら恋愛は、どんな場面でも歓迎されるというものでもないからです。

 

まあでも三度見すればさすがに好きなんだなとはなりますが(笑)

 

例えば、仕事上の関係や職場などでは
恋愛感情はタブー視されることも多いものです。

 

こうした場面では、男性は仕事に集中しようとして
意識的に意中の女性を見ないようにしたり、偶然会うのを避けたりすることもあります。

 

視線はわかりやすいシグナルですが
これだけでははっきりとしたことはわかりかねることも多いのです。


スポンサーリンク