可愛くなる方法 鼻

可愛くなる方法は、鼻に隠されています


可愛くなる方法と鼻との関係について解説します。

 

鼻は、顔の真ん中に位置しています。
よって、目につきやすいパーツといえます。

 

また、顔の中央にあるがゆえにその人の印象を大きく左右します。

 

なので可愛くなる方法は鼻に隠されています。

 

そこで、このパーツのケアやメイクアップ方法を紹介します。

 

鼻は皮脂線の分泌が盛んな場所です。
そのうえ、顔のどのパーツよりも突出しているのでテカることがあります。

 

テカりは、メイクの崩れの原因になるとともに
顔全体が脂ぎった印象を受けます。

 

そこで、適切な洗顔やスキンケアで余分な皮脂を洗い流して
テカリを防止する必要があります。

 

洗顔の際は、洗顔フォームを手のひらで泡立ててから優しく肌の上に乗せます。
このときに、皮膚を強くこすらないように注意します。

 

とくに、小鼻のワキには皮脂や汚れがたまりやすい傾向にあります。
なので、必要があればスクラブ洗顔を行います。


スポンサーリンク


そして、洗顔後は化粧水で肌を整えます。
次に、乳液で油分を補います。

 

鼻がテカりやすい人は、乳液を省略してもかまいません。

 

毛穴に黒ずみがあるときは、毛穴パックなどを使用して除去します。
これだけで、顔の印象がぐっと明るくなります。

 

一度にすべての毛穴の黒ずみを除去できなくても
何回かパックをするうちに効果が現れます。

 

次に、メイクアップ方法を紹介します。
まず、ファンデーションは薄く付けるようにします。
顔の中心部分のファンデーションが多いと、厚化粧に見えてしまいます。

 

また、コンシーラーやハイライトは使用しないほうが無難です。
コンシーラーやハイライトは、鼻筋を高く見せる効果があります。

 

しかし、あえて用いないほうが愛らしく見えます。
シミやソバカスがあるときは、肌より暗めのトーンの色を用いると白浮きしません。


スポンサーリンク