可愛くなる方法 中学メイク

中学メイクで可愛くなる方法


中学生も「中学メイク」を施し可愛くなる方法を模索している傾向にあります。

 

もちろん美意識を高めるため
肌を守る観点からもメイクを施すことは悪いことではありません。

 

ただし、成長期途中にある中学生の肌にメイクを施す場合はいくつか注意が必要です。

 

背伸びせず肌にあったアイテムを使用することと
夜には必ずメイク落とし洗顔料をつかって洗顔し、基礎化粧を丁寧に施すことです。

 

ニキビがある肌に対するメイクはできるだけ避けましょう。

 

これらのポイントをおさえて可愛くなるためのメイクを行いましょう。

 

また、笑顔も大切なメイクアイテムの一つです。
笑顔が似合う女の子は、自然と可愛いというイメージがついてきます。

 

メイクばかりに頼ることなく、自分の生活を振り返って
表情豊かな女の子になれるよう心がけることも「可愛い女の子」になるために必要な要素です。


スポンサーリンク


中学メイクで可愛くなる方法としては
グロスを使う事をポイントとしてお勧めします。

 

透明グロスで目立たない程度に唇をなぞるだけでも
いきいきとした表情が生まれます。

 

またアイメイク等はNGですが、ビューラーでまつげをカールして
透明マスカラで固定するだけでもぱっちり目を演出することができます。

 

顔のうぶ毛を処理し、眉毛のムダ毛を整えること等でも
すっきりした印象をつくる事ができるので
メイク無しでも「可愛さ」を作ることができます。

 

賛否が分かれますが、カラコンを使うこともありでしょう。
ただし、デカ目盛り専用品は避けて
さりげなく縁取りができるものを利用することも一案です。

 

学校がお休みの時等は、ナチュラルメイクを施してみると良いでしょう。
アイラインやきつい色のルージュは中学生らしさを失わせてしまいますので

 

ファンデで肌を整えた後は、色つきグロスとオレンジやピンク系のチーク
先述の透明マスカラ等でさりげないおしゃれをお勧めします。


スポンサーリンク